薬剤師の求人の探し方と確認したいポイント

薬剤師の求人は引く手あまたの状態

薬剤師 求人 : 採用情報 | アルカ調剤薬局

薬剤師の求人の特徴は非常に多く、一人当たりの求人数を表す有効求人倍率を見てみると、なんと10倍以上という驚異的な数値となっています。
つまり引く手あまたの状態であるということであり、選び放題ともいえる状況ということがわかります。
しかし数多くの求人があり選択肢が多くなることから、どこを選べばよいのかわからないと悩む人は多いことでしょう。
上手な探し方としては、まず最初に自分に合った求人はどのようなことかを知ることから始めます。
まずは雇用形態や活躍できる職場を確認し、自分が職場に求める条件をチェックしていくことが大切です。
まずは自分が薬剤師としてどのような働き方を希望しているのかを考えましょう。
例えば子供を持っている女性であれば、勤務時間に融通がきくパート勤務を希望する、年収を重視するのであれば正社員などということが挙げられます。
自分が重視したいポイントや譲ることができない条件を明確にすることが、求人探しの第一歩と言えるでしょう。
雇用形態としては正社員と派遣社員、アルバイトやパートの三つに大きく分類されます。
たとえアルバイトであったとしても、一定時間の勤務が定まっていれば、社会保険に加入することができたり、福利厚生を利用することもできます。
正社員の場合には、収入が安定し契約期間に関して心配する必要がない、責任ある仕事なども任せられるなどのメリットがあります。
反対に組織の決定に従わなければならず、仕事内容や働く場所を自由に選ぶことができない、拘束時間が長く時間外勤務が多いなどのデメリットがあるでしょう。
人付き合いが得意な人や、言われたことを正確に理解して忠実に遂行できる人には向いているといえます。

◇月収の落とし穴
「高い月収」に騙されてしまう薬剤師がいます。

月収は高くても、基本給が低ければボーナスは低くなります。

ボーナスは基本給を元に数ヶ月分支払われます。

転職するときは、基本給が低くなっていないかをよくチェックしてください。

— 薬剤師求人相談 (@yakuzaishi_job_) May 17, 2020

薬剤師の求人は引く手あまたの状態 / 派遣社員のメリット、デメリット / 残業したくないなら派遣やパート、アルバイトなどとして働くのが望ましい